MENU
アーカイブ

お願いを聞いてもらいやすくする7つのテクニックとは?

あなたは人の心を動かす方法を知っていますか?

仕事で、恋愛で、生活をしていくなかで、本当はもっとこうしてほしいのに…と思ったことが誰しもあると思います。

そんな時に重要なのが相手を理解することです。  

しかし、具体的にどうすればいいのかと思う方もいると思います。

そこで、こぴたつ.comの【文章のプロが教える!「人を動かす7つのテクニック」とは?】が大変参考になったので簡単に紹介します。

明日からでも使えるテクニックなので、ぜひ使ってみてください。

目次

メリットを与える

基本中の基本ですが、「相手のメリットになること」という切り口です。

お願いを言う前に、相手のメリットになるようなことを言うことで受ける印象が良くなり結果が変わります。

自分の都合ではなく、相手のメリットになることから伝えてみてください。

デメリットと結びつける

「何かをしてもらいたくない」ということもあるはずです。

ここで大事なのが、相手の視点です。

自分のメリットと相手のデメリットを結びつけて、欲しい結果を手に入れることもできます。

選ばせてあげる

人は決断より比較の方が答えを出しやすいのです。

さらに人は自分で選びたいという欲もあります。

そこで上記の2つを取り入れた、相手が好きなものを複数の選択肢から選ばせるあげることで、欲しい答えが手に入れやすくすることができます。

認めてあげる

人は誰しも認められたいという欲があります。

お願いするときは相手を認める表現を入れることで、やりとりがスムーズになります。

あなただけ

人は「あなただからお願いしたのです」と言われると弱いです。

私にとってあなたが必要なんです、ということで相手の心を満たすことができます。

その結果、相手はそんな言ってくれるなら行動してみようかとなります。

一緒のチームにしてしまう

「人は1人では生きていけない」という言葉をあるように、人は誰かとつながったいたいと思っています。

そして、人がやるなら自分もやるという習性があります。

そこで、一方的に相手にお願いをするのではなく、一緒にやっていきましょう、というスタンスをとることで周りを巻き込むのです。

感謝を伝える

コンビニのトイレなどで「いつもキレイに使っていただきありがとうございます」という貼り紙を見たことがある人も多いと思います。

これは「先に感謝をされると断りづらい」というテクニックを使った典型です。

効果があるからこそ、この貼り紙が広まっていると思われます。

まとめ

紹介したお願いを聞いてもらいやすくする方法は、どれも相手にメリットがある場合です。

ここで重要なのが、相手と自分の間のハッピーを考えることです。

「相手を操ってやろう」とすると、効果は得られないでしょう。

より幸せな人生にするために愛情を持って使ってください。

参考記事こぴたつ.com
よかったらシェアしてね!

運営者

ガジェットや家電、「こだわりの」モノ、コトをお届けするブログ「K’s MAGAZINE(https://k-work.design)」を運営しています。

目次
閉じる