MENU
アーカイブ

人生を楽しむための教養

目次

人生を楽しむための教養とは?

最近考えていることがある。

それはタイトルの通り、人生を楽しむためにはどうしたらいいかということだ。

そこで人生を25年も生きていないわたしが言わせていただくならば、人生を楽しむためには「今日を自分で楽しくできる人」だと思う。

良いところと悪いところが50:50のことを、どう思えるか?

「きついこともあるけど今日だけ頑張ってみよう」とポジティブに思える人が人生を楽しめているように思える。

そもそも教養とは「社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識」だそうだ。

私が考える教養とは、「ものごとの良い面、悪い面を理解した上でプラスに、上向きに行動できる心の土台のようなもの」であると考えている。

パリピみたいな人は人生を楽しむ才能があると思う。

だけど、ただ明日のことは考えず今日を楽しめればいいみたいな人はどこか薄っぺらく感じてしまう。

それはどこの差かと言うと、教養力ではないだろうか。

教養力を身につけた上で、パリピみたいに今日を自分でおもしろくすることができる人が最強だと思う。

高杉晋作もこう言っている。

おもしろき こともなき世を おもしろく

自分の人生をおもしろくするのもおもしろくしないのもすべて自分次第である、と解釈している。

よかったらシェアしてね!

運営者

ガジェットや家電、「こだわりの」モノ、コトをお届けするブログ「K’s MAGAZINE(https://k-work.design)」を運営しています。

目次
閉じる